大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

参加賞

feature_img01

大会オリジナルタオル

周辺観光

水郷

feature_img02

西の湖を中心とした水郷地帯は、「春色 安土八幡の水郷」として琵琶湖八景の一つに数えられ、群生するヨシの中をカイツブリやヨシキリなどのさえずりとともに楽しめる水郷めぐり。春夏秋冬の情緒を五感で味わうことができ、都会の喧騒を忘れてのんびりとしたひとときを過ごせると、多くの人に喜ばれています。
近年では、ヨシが果たす水質浄化や生態系の面からもその重要性が注目され、平成18年1月、当地域は全国初の重要文化的景観に選ばれました。平成20年10月に、ラムサール条約湿地として西の湖と長命寺川が登録され、平成21年1月には、「白王・円山」が日本の里100選に選ばれるなど、その貴重な水環境は国内外から高く評価されています。日本の原風景ともいえるこの雄大な自然は、「日本一の水郷」として、人々の心にふるさとの温かさをもたらし、癒しの世界へと誘います。

八幡堀

feature_img03

近江八幡のまちが発展した理由はいくつかありますが、八幡堀の役割を欠かすことはできません。堀は城を防御するために存在しますが、豊臣秀次は、この八幡堀を運河として利用することを考え、琵琶湖を往来する船をすべて八幡の町に寄港させました。

沖島

feature_img04

日本最大の湖「琵琶湖」に浮かぶ最大の島「沖島」。湖上の島に人が住み生活を営むことは、世界的にも珍しいとされます。源氏の落人が住んだことから島の歴史は始まるといわれ、周囲6.8km、面積1.5㎢の島の中には、小学校や郵便局、寺社、民宿があります。大半の島民は漁業に携わり、素朴で温かい島の生活が今も営まれています。
※沖島へは堀切新港から定期船が出ています。

主催

  • 近江八幡市

協賛

  • アインズ株式会社
  • 株式会社大進
PAGETOP
MENU